2017年度 規制政策(公共政策大学院)・規制の経済学(経済学部)

担当者

松村敏弘

お知らせ

・講義は試験を含めすべて終了しました。半年間熱心に講義を聴いてくれ、更に試験まで受けてくれてありがとうございました。 受講生は講義の内容等について将来疑問が生じた時には、その当然の権利として、 在学中は勿論、卒業後もいつでも質問にいらしてください。歓迎します。 突然来ていただいても歓迎しますが、メールであらかじめ予約していただけるとよりスムーズに対応できると思います。

科目概要

政府による民間活動の規制に関して、規制の意義、方法、規制形成のメカニズムなどを学び、経済学的分析を行う。経済的規制と社会的規制の双方を取り扱う。 講義は大きく2つの部分に分かれる。
第1部では、基礎となる経済理論を概観し、この分析道具を駆使して、 規制政策の背後にある基本的な原理を経済学的に明らかにする。ここで扱うトピックは、混雑料金、ピークロード料金、 規制の政治経済学、公正報酬率規制、プライス・キャップ規制とインセンティブ規制、情報の非対称性のもとにおける規制政策である。 第2部では、エネルギー、通信、石油、運輸産業などの具体的な規制産業を取り挙げて、なぜそもそも規制が必要か、規制がどのような経済効果を持つか、現行の規制の問題点は何か、 望ましい規制の体系はどのようなものであるか等を解説する。更に産業横断的な環境規制、安全規制の問題も取りあげる。

成績評価

第1回の講義で詳しく説明します。

教科書

Viscusi, W. K., J. E. Harrington, and J. M. Vernon Economics of Regulation and Antitrust, 4th Edition MIT Press, 2005.

参考文献

鶴田俊正・糸田省吾・日下部聡編『産業再生と企業結合:課題−政策−ルール』NTT出版(2004)
奥野正寛・鈴村興太郎・南部鶴彦編 『日本の電気通信−競争と規制の経済学』日本経済新聞社(1993)
依田高典 『ネットワーク・エコノミクス』日本評論社(2001)
橘川武郎『日本電力業発展のダイナミズム』名古屋大学出版会(2004)
八田達夫・田中誠編『電力自由化の経済学』東洋経済新報社(2004)
奥野正寛,篠原総一,金本良嗣編『交通政策の経済学』,日本経済新聞社,(1989).

講義予定(随時変更の可能性あり)

第 1回 ( 9月27日) Introduction:ミクロ経済学の概観とこの講義の位置づけ
第 2回 (10月 4日) 費用便益分析・規制影響評価と行動経済学
第 3回 (10月11日) 寡占モデルの基礎と規制1
第 4回 (10月18日) 寡占モデルの基礎と規制2
第 5回 (10月25日) 市場の競争度と経済厚生
第 6回 (11月 1日) 規制の基礎理論
第 7回 (11月 8日) 自然独占
第 8回 (11月22日) ネットワーク外部性とスイッチングコスト 
第 9回 (11月29日) 垂直統合、不可欠設備と接続規制
第10回 (12月 6日) 電力市場における規制と電力システム改革
第11回 (12月13日) 都市ガス市場における規制と競争創造政策
第12回 (12月20日) モノのインターネット化と情報通信産業における規制
第13回 ( 1月10日) 運輸・交通産業における規制とスマートコミュニティ
第14回 ( 1月17日) 環境・エネルギー政策と規制
第15回 ( 1月24日) 試験
予備:公企業と民営化 

講義資料

スライド1.pdf 9月27日使用
スライド2.pdf 10月4日使用
スライド3.pdf 10月11日、18日使用
スライド4.pdf 10月25日使用
スライド5.pdf 11月1日使用
スライド6.pdf 11月8日使用
スライド7.pdf 11月22日使用
スライド8.pdf 11月29、12月6日使用
スライド9.pdf 12月6日、13日使用
スライド10.pdf 12月20日使用
スライド11.pdf 1月10日使用
スライド12.pdf 1月17日使用

事務書類

遅刻・早退・欠席届(事前提出用).docx
遅刻・早退・欠席理由書(事後提出用).docx
登録票.docx